ブログBlog

HOMEブログなぜマインドマップだと効率的なのか

なぜマインドマップだと効率的なのか

その理由はマインドマップが「脳の使い方」そのものだから

昨日食べたランチは覚えているかもしれませんが、

1週間前のランチが何だったか覚えていますか?

覚えようと意識したものでさえ、思い出すのは難しいのに、

覚える必要が無いものなんて、なおさら思い出せないと思います。

1週間前は○曜日だから、その曜日の定例業務は○○があって、

その時顔を合わせる人は○○さんで・・・。

あ、その日は○○さんの出張帰りのお土産をもらったな・・・。

私たちは、記憶をたぐり寄せるようにして思い出すことをよく行います。

キーワードは「連想」です。

マインドマップはその記憶の繋がりを連想しながら書き出す、

脳の動きのまま無駄なく記述する方法だからなのです。

書籍をマインドマップに落とし込んだもの

提供元:(株)EXTREMEVISON

脳の記憶容量

私たち人間の記憶容量は、1ペタバイトと言われていて、

1ペタバイトというのは単位を変えると、100万ギガバイトの容量です。

HD品質のビデオは1ギガバイトで7分ですので、1ペタバイトは13.3年分で、

文字情報でいえば、引き出しが8千万個分の文字だらけの書類が収まってしまいます。

あんなにプレゼンテーションの時や、試験勉強に苦労しているのに、

脳の機能だけを見ると、どんな試験もパスできる容量があるのです!

これってスゴイと思いませんか?!

そして、

私たちがその機能を活かせていないのは、

単純に正しい使い方ができていない。

ただそれだけなのです。

Wikipediaより抜粋

『エビングハウスの忘却曲線』という記憶に関する実験結果は有名なのでご存知だと思いますが

これによると、「1日後には66%のことを忘れてしまう」ということです。

ということは、

記憶を定着させるためには、

反復継続して行う『復習』が何より大切と言われています。

しかし、実際の脳の機能として、明確に一言一句覚えてはいないかもしれませんが、

映像とともに覚えていることがほとんどです。

脳は自然と覚えているのです。

記憶を引き出せないのは、脳の仕組みを無視した学習法をしているからで、

脳の仕組みに合わせて、「連想」に従うのが効率的なのです。

まとめ

効率的な学習とは、脳の仕組みに逆らわず、自然と情報を「連想」に従って、

無駄なく引き出すことが出来るツールマインドマップが効率的です。