ブログBlog

HOMEブログ知らなかった!30代の転職成功と失敗の違い3つのポイント

知らなかった!30代の転職成功と失敗の違い3つのポイント

【目次】

◎30代の転職成功と失敗の違い3つのポイント

◎実話から生まれた共感ストーリー~転職活動編~

◎30代転職活動失敗でも得られるもの

今回のテーマは「30代の選択~転職活動編~」です!

「あ~仕事変えたいな~」なんて一度くらい思ったことはありますよね!?

もしかすると、今まさに

そんな気持ちです!!

実際に転職活動をしています。

という方が、この記事を読んでくれているかもしれません。

特に

30代が抱える3つの不安】

に突入すると

・お金の不安

・キャリアの不安

・やりがいに対する不満足

という理由から「転職」の2文字が目の前をチラつかせます。

20代は自分に目を向けていた人が30代になると

意識が外に向き同年代と自分を比較し始めます。

30代の転職成功と失敗の違い3つのポイント!

 

もし、30代で転職活動を成功させたいのであれば

以下の「3つ」について考えてみてください!

~30代の転職成功と失敗の違い3つのポイント!~

 

①業務に必要な資格やスキルの有無

②明確なキャリアプランの有無

③希望通りの仕事でなくても意欲的に取り組む姿勢

 

つまり、30代での転職活動の成功のカギは

「スキル(資格)」と「明確なプラン」ということです。

また、それらに加えて、

仕事への姿勢も重要な要素となります!

30代の転職活動は、20代の頃のような就職活動とは違います。

会社は、あなたの「即戦力」に期待しています。

それに対してどう応えることができるのかということです。

その上で

あなたの「転職活動」は

先ほどの上記3つを

満たすことができていますでしょうか?

実際に転職活動でお悩みを抱えている

30代ビジネスパーソンがけっこういるようです…

例えば、実際にこんなストーリーが存在します。

実話から生まれた共感ストーリー~転職活動編~

「私は田中遼一(たなかりょういち)、33歳。

共倒れ株式会社の営業部に所属しているサラリーマン。

3年前の30歳に結婚をして、

いまは2歳の息子がいる。

私は、会社の人間や仕事に対しての不満を抱えていたが

どうせ、自分にはどうしようもできないと、

行っても何も変わらないと

日々、不満を我慢するばかりで、何も行動が起こせずにいた。

そんなある日、

帰宅途中の電車内で【転職】の広告が目に飛び込んできた。

「転職!?そうか会社を変えるという方法があるな!」

「今まで転職を意識して来なかったが、

勤め先が変わればこの不満や悩みが解消できる!」

と私はふと思った。

いまの環境が当たり前のだと思っていたがそうではない。

いまの会社で上手くいかないのなら、別の会社を探せばいい!

【転職】という選択があることに全く気が付かなかった。

帰宅後、

私はさっそく転職サイトを見た。

すると!たくさんの転職サイトが出てきた

「こんなにあるのか?!」

そして、

そのとき初めて、

世の中の多くの会社が人材を求めていることを知る。

「こんなにも多くの求人があるなんて!」

もしかすると!

私にも転職という道があるかもしれない。

そう思い、必死になって転職サイトを見てあさった。

転職サイトを物色している中で、

私自身、改めて働くために何を大切にしたいのかがわかってきた。

それは、

【やりがい】と【給料】と【働きやすさ(環境/人間関係)】。

いまの会社では、やりがいがなくやる気が起きないでいる。

給料もここ5年間、全く変わらない。

ましてや、ボーナスなんてカットが続いている。

さらに、上司からの強い当たりを受けていて

働きやすさ(環境/人間関係)なんてない。

「これら3つの条件が揃った会社で働きたい!」

私はそう強く思った。

その日を境に、私は『転職活動』を始めることにした。

転職サイトでの会社のリサーチや履歴書/職務経歴書の作成など、

正直、仕事をしながらの転職活動はハードだった。

それでも、数社から面接の通知が届き、

未来への希望が私を行動させてくれていた。

20代とは全く違う転職活動の辛さ

ところが

どの会社に面接に行っても『不採用』だった。

詳しい理由はわからない。

『30歳を超えた年齢』と

『経験の無さ』が原因だと自分では気づいていた。

やはり、

20代と30代とでは大きな壁があるように感じた。

30代の市場価値が、

「スキル」や「経験」に大きく左右されている。

しかし

私は社会人10年間、

特にこれといった専門性を身につけてきたわけではない。

特に別業界では厳しい目で見られた。

【30代未経験】

これでは受け入れてもらえない現実を知った。

正直、もっと楽に転職ができると思っていたが

実際はそうではなかった。

結果

計50回の書類送付と15回の面接、

私は大きな挫折とこれまで自分は何をやってきたんだという後悔に苛まれた。

気が付くと、【転職活動】が億劫になり始めていた。

ずっと今の会社に居続けるのか・・・と思うと胸が苦しくなってきた。。。

どうすればいいのか分からない

社会から私は必要とされていないのかと絶望感に悩まされた

30代にして初めて転職の「見えない壁」にぶつかった

30代転職活動失敗でも得られるもの!

実際にあった話を今回はストーリーにまとめてみました。

30代の転職は会社目線に立つ

やはり、30代での転職活動は

そう簡単にはいかない様子ですね。

もちろん、「スキル(資格)」と「明確なプラン」、

そして、「仕事への姿勢」が伴っていれば、

転職先もあるかもしれません。

ですが、田中さんのように

別業界への転職となると話は変わります。

30代業界未経験者でチャレンジしたいと考えている田中さん

経験者で即戦力がほしいと考えている会社

失敗経験が与える!成功への考え方

結果、転職失敗だったのでしょうか?!

確かに現時点で採用してもらった企業はありません。

しかし、ここで「転職活動」という行動を取ったことで

何かを得ていると思いませんか?!

行動しなければ、時間は失い年齢は老いていく・・・

30代で転職にチャレンジするのと

50代になってやっと重い腰をあげてから転職活動をするのでは大きな違いがあります。

いつでも出来ると考えた転職は

そんなに甘くはない!

ということを

田中さんは早い段階で知ることができました。

頭の中だけで考えていては、何も解決しない!ということを

身を持って得た経験は今後の田中さんに大きな気づきになったことでしょう。

もし、今あなたが仕事に対して不満や悩みがあって

転職をしたいと思っているのであれば

そこから逃げるために、転職をしても良い成果につながらないかもしれません。

転職をする理由に

具体的に何を手に入れたいのか

それがこの会社では達成できない!

だから、それを達成できる会社を探すという根拠がしっかりあれば

転職活動が素晴らしいものに変えていけることができると思います。

さぁ、物語の続きはどうなっていくのか?

田中さんの運命は!!

今回のストーリーブログはいかがでしたか。

良かったら他に記事がありますのでご覧ください。